JTA フルコンタクトテコンドー



   日本テコンドー協会(JTA)は1984年に設立されました。

   JTAは本会の宗師範、河明生により日本発祥の武道 【日本テコンドー】として創始され、
   『七大精神』を礎に、技術的には『フルコンタクトテコンドー』、『蹴美』をコンセプトに置き、
   精神的には『文武両道』を目指します。

T フルコンタクトテコンドー

     @ 一本勝ち(K.O.ルール)
     A 足技だけでなく、顔面への手技による攻撃

      既存のテコンドー団体との最大の違いとして、ルールに上記2点を
      導入することでより実践的、迫力ある試合となりました。
      観る者にとっても、試合におけるルールの複雑さ、曖昧さがなく
      はっきりとしたわかりやすさがあります。
      また一本勝ちルールの導入により、テコンドー特有の華麗な
      足技だけでなく、華麗、かつ一撃で相手を倒せる蹴り技(蹴美)を
      求められることとなりました。
      そしてこれこそが日本テコンドーです。


U 蹴美

      蹴美とは、華麗で美しく、かつ威力のある蹴りのことです。
      JTAテコンドーが追求し続ける蹴りこそが蹴美です。
      そしてJTAはテコンドー界最強の蹴美を極めようとする団体です。

V 文武両道

      JTAテコンドーは武道です。
      ただ肉体的な強さを求めるだけではなく、
      精神的な強さの涵養を同時に追求します。
      その一つとして文武両道の精神の追求です。
      少年部においては、勉強と武道の両立、
      青年部では仕事と武道の両立を文武両道とし、
      真の武道家、テコンドー家を目指します。


    ◎  日本テコンドー協会本部

    ◎  日本テコンドー協会七大精神

   

  戻る

inserted by FC2 system